日記

2024-05-13 10:00:00

フランスの港町 ラロシェルのマルシェ

 以前にお話ししたフランス南部にある美しい港町、ラロシェル。

パリ・モンパルナス駅からTGVで3時間ほどで着きます。

 

 

IMGP1893.JPG

 

私はシャルルドゴール空港から車で向かい

5時間ほどかかりました。

ラロシェルに住む友人家族が迎えに来てくれたのですが

当たり前のように運転していたので

フランス人は長距離運転に慣れているのかしら?と思った今回の旅の始まりです。

 

 

IMGP1877.JPG

 

さて、フランスと言えばマルシェ。

前日の運転疲れも見せず、マダムの

『マルシェに行きましょう』の一言に心ウキウキ 。

 

 

IMGP1878.JPG

 

初夏の時期に訪れた港町はとてもいい季節。

青い空がよく似合います。

 

マダムは60代後半で、背も高くなくモデルさんのような体系でもなく

日本にいる普通のおばあちゃまのようだけど

袖のない薄手のワンピースを着て

カゴバックにカジュアルなサンダル

短い髪にサングラスを付けて、なーんだかステキ。

 

IMGP1882.JPG

 

決まったようにお買い物が始まります。

マダムはいつものようにという感じで

パテ屋さんで3種類ほどパテを購入していました。

包み紙から包み方から

何もかも素敵!!

 

IMGP1874.JPG

 

当時フランスではパリのマルシェしか知らなかった私。

都会とは違う

なんだか優しい空気と温かさを感じる

活気のある空気。

自然と心が緩み踊ります♪

 

 

IMGP1876.JPG

 

 

その土地特有のものは

やはりお持ち帰りしたくなりますね。

ここでは塩が有名です。

可愛いボトルに入ったお塩はお土産にオススメ♡

 

IMGP1884.JPG

 

どの街でも私は

お花に夢中です♡

そしてどの土地に行っても

マルシェは心弾みますね♡

2024-04-29 10:05:00

かわいいヴェルノンの街

Uです♪

クロードモネが残した楽園

ジベルニーの庭を数回お伝えしてきましたが

最後は街のお話しを♪

 

20240429lafermeblog08.JPG

 

モネの庭で有名なジヴェルニーですが、他にも楽しめる場所はたくさんあります。

歩いて周るのに丁度いい広さで30分ほど歩けばほとんどの場所を散策できますよ。

 

20240429lafermeblog06.JPG

 

道すがらにもこんなかわいいお知らせが♡

 

そして村のもうひとつの目玉は、印象派美術館です。

19世紀末の印象派運動の先駆者たち

そこから今日までの、継承者の画家たちのを絵画を扱っています。

 

 20240429lafermeblog02.JPG

 

またジベルニーからほど近い

ヴェルノンの街へも行ってきました。

 

モネはこの街の風景も描いており

ぜひ訪れたい素敵なところです♪

 

 

20240429lafermeblog01.JPG

 

美しいノートルダム教会や

印象派の傑作がたくさんある美術館など…

 

素敵なレストランもいくつかあり

観光地価格のジヴェルニーより、お得に楽しめることも魅力ですね。

 

 

20240429lafermeblog04.JPG

 

魅力的な中世の邸宅が並ぶ街並み。

 

20240429lafermeblog05.JPG

 

 

可愛い看板がたくさんあります。

 

20240429lafermeblog03.JPG

 

 

この街もまた、どこを切り取ってもため息のでるすばらしさです。

 

 

 

20240429lafermeblog07.JPG

 

 

さて、クロードモネを辿った回はいかがでしたか?

主な観光スポットは半日~1日でも見て回れますが

村に1泊して穏やかな時間を楽しみ

かつてモネが過ごしたように滞在する…そんな過ごし方も

とても素敵な旅になりそうですね♪

 

2024-04-15 10:00:00

ジヴェルニー・モネの花の庭

 Uです♪

クロード・モネは1883年の43歳から1926年に86歳で亡くなるまでの間

フランスのジヴェルニーで過ごしました。

フランスのパリから西へ約80km行った場所にあるこのお庭。

 

今回はその中でもお花に溢れた

モネの邸宅前に広がるお庭をご紹介します。

 

IMGP2395.JPG

 

モネの庭は大きく分けて二つあり、

全く雰囲気が違います。

一つは前回お話した蓮池

そしてもう一つがこのお花たっぷりのお庭です。

 

IMGP2427.JPG

 

 

モネの蓮の花の絵画はあまりにも有名ですが

このお花たっぷりの庭の絵も多く残しています。

 

 IMGP2416.JPG

 

この場所はため息と尊敬しかありません!♡

 

私が訪れたのは初夏でした。

色とりどりの花々が重なりあい

立体的に咲きます。

 

 IMGP2409.JPG

 

通路を覆い隠すナスタチュームが圧巻です。

 

IMGP2419.JPG

 

自然の力溢れる植物のアーチ。

随所に見どころがあります。

 

 

IMGP2415.JPG

 

 どこを撮影しても絵になりますね。

 

そして季節の移り変わりとともに

様々な植物たちが

入れ替わり立ち代わり咲いていきます。

 

IMGP2428.JPG

 

 

全ての季節に行きたい!!

そんな気持ちになる噂通りのとても素晴らしいお庭でした♪

次回はモネのお庭の街のお話をします♪

2024-04-01 09:35:00

ジヴェルニー・モネの睡蓮の池

色彩豊かな庭園をいくつか設計したモネですが

中でも最も大規模なプロジェクト、それがこの有名な水庭です。

 

パリのオランジュリー美術館で見ることのできる「ニンフィア(睡蓮)」。

彼の世界的に有名な絵画です。

ここに来るのは

その風景をこの目でを見たいから。

 

 

IMGP2362.JPG

 

この庭はクロード・モネ財団が守ってくれています。

入場してからこの池まで、しばらく歩いてたどり着くまでの道のりは

ワクワクそのものですよ♡

 

IMGP2353.JPG

 

 高まる期待は裏切りません。

『これが~!あの風景なのね!!』

と心が叫んでおります。

 

IMGP2350.JPG

 

日本風の橋がかかり、睡蓮、藤、ツツジが咲き乱れます。

東洋・日本に想いを馳せてくれていたことが

なんだか嬉しくなりますね。

 

 

この橋から、当時のモネが描いていた風景と同じものを見てるのかしら…

そう思うと

ここを守ってくれている方たちに感謝が溢れます。

 

 

IMGP2381.JPG

 

 

画像を逆さまにしてみました♡

池に映る空と緑と

そこに生きる睡蓮の美しさに

また気づきますね。

いろんな見え方を楽しみながら、モネが感じていた何かに想いを馳せます。

 

IMGP2372.JPG

 

さて、あの睡蓮の絵に会いたくなりますね。

先にパリのオランジュリー美術館にいって、絵画を見てからここに行くか

はたまたこの池を見てからあの絵に会いに行くか

うーーーーーん…どちらもがいいな。

贅沢な妄想ですね♪

 

 

 

2024-03-18 09:51:00

ジヴェルニーのモネの庭園

Uです♪

前回のラロシェルのお話を少しお休みして

ジヴェルニー(Giverny)のモネの庭園のお話しをたいと思います。

 

なぜって

もうすぐ春ですもの♡

温かくなってお庭に出たくなる前に

今回は明るいガーデンをお届けしたいと思います♪

 

IMGP2363.JPG

 

フランスのノルマンディー地域圏の南部に位置するジヴェルニー(Giverny)。

パリからも日帰りでいけます。

人口500人余りの小さな街ですが

印象派の父クロード・モネ(Claude Monet)の終の棲家

そして庭園があり、毎年世界中から多くの旅行者が訪れています。

 

IMGP2427.JPG

 

基本的に一年中いつでもジヴェルニーを訪れることができますが

ポピーのような野の花を楽しむには、4月から6月がベストシーズン。

睡蓮の花を見たいなら、6月末から8月がおすすめです。

 

 

IMGP2395.JPG

 

現地ではもちろんお家の内部も見ることが出来ます。

お家の中もモネのこだわりがたっぷりです。

 

IMGP2461.JPG

 

 

私もモネの絵は大好きです。

次回はお庭の場所をわけてご紹介したいと思います♪

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...